エマルジョン燃料のことならクライマックス・ジャパン

化石燃料の枯渇問題も温室効果ガス問題も、いずれも昨日今日に認識されたことではありません。しかし、昨今の急激な原油価格の高騰により改めて代替燃料の重要性が再認識され、また『温室効果ガスを1990年比で2020年までに25%削減する』という鳩山元首相の宣言が反響を呼び様々な議論がされるようになりました。

ひとたび破壊された自然環境を取り戻すことが如何に困難なことであるかは、世界をリードする経済大国にまで成長した日本であるからこそ既に痛みを伴って経験していることであり、私たちにとっては当然の問題提起であり、問題解決への努力は責務であると言えます。

エマルジョン燃料は、化石燃料を使用するという点では決して代替エネルギー等の根本的な解決策とはなりません。しかし、今すぐ実用可能で、少なくとも石油使用料と温室効果ガス排出量等を確実に減少させることができる事実は、代替エネルギーが完全に実用化されるまでの、少なくとも今後数十年間の決定的代替手段として、事業化とともに大きく社会貢献できるものと自負しております。

代表取締役  長谷川 真二